グリーンキャブの詳細まとめ

東京都大手のハイヤー事業者

グリーンキャブの詳細まとめ

東京都内で特に知名度が高く、ハイヤー、タクシーを中心に福祉車両・貸切バスなども運行しています。1952年から続く会社で、本社は東京都新宿区にあります。グリーンキャブという名前の通り、ペパーミント色、エメラルド色のボディーカラーのタクシーで運行されており、遠くからでも目立つタクシーとして、都内でもよく利用されます。

 

2008年の売上は235億円を超えており、従業員数は3600名ほどいる大きな会社として求人募集も多く出ています。人口の多い東京でのタクシー運行ができるため、タクシー業での売り上げも伸ばしやすいでしょう。営業所は新宿の本社以外にも、赤羽、江戸川、世田谷など全部で10近い営業所が東京都と神奈川にあります。

 

ウェブ上のグリーンキャブの評判総評

グリーンキャブで働けるようになった場合、地理試験、2種免許の取得などいくつかの課題があります。これは他社でも同じように受けることになる試験で、2種免許については特にどこの会社で受講しても難易度に差はありません。決して簡単に取得できるわけではなく、1種免許の取得から3年以上経過している必要があるなどの条件もありますが、合宿などを通して学べばたいていはクリアできるでしょう。

 

地理試験は勤務地になる場所から出るようで、土地勘があった方が有利に受けられます。社内研修が2日ほどあるようですが、これもごく一般的で厳しすぎるということはありません。障害者の方には乗車賃無料というようなサービスをしている会社なため、仕事を始めたばかりでもそうした社会貢献事業の内容を理解していたほうが仕事がスムーズにできるでしょう。

 

グリーンキャブの月給や求人情報詳細

グリーンキャブの公式求人サイトでは月給35万円保証、寮完備という好条件での仕事が用意されています。未経験で働く方が95%を超えているということで、初心者でもきっと働いていけるでしょう。地方から東京に出てきて、ハイヤー・タクシー運転手としてスキルをしっかり磨きたい方には非常に最適なタクシー会社です。寮完備なので都内で家賃の高いお部屋を借りて住まなくても、寮に住みながら都内での仕事で、地方では体験できないような接客スキルを身につけられるかもしれません。

 

英語ができる方ならば、このグリーンキャブで経験を積んでいって、さらなるプロのタクシー運転手としてのステップアップが見込めるかもしれません。前職がシステムエンジニアの方や機械加工だった方でも月収35万円、54万円を超えるような成果を上げている例もあります。一般的にはタクシーの仕事は厳しくて辛い、上司からいじめがあるというようなマイナスイメージを持つ方も多いですが、グリーンキャブではそんなことはなく、きちんと安心して仕事に取り組めますので、都内でタクシー運転手になりたい方には一番おすすめです。

 

TOP