グリーンキャブの求人情報と採用まとめ 東京都のタクシー

東京都・首都圏で人気のグリーンキャブ

グリーンキャブというタクシー会社は

グリーンキャブというタクシー会社は主に首都圏でタクシー事業を展開しており、東京、神奈川が主な営業所の所在地です。

 

研修制度がかなり充実

研修制度がかなり充実しているため、前職がタクシー運転手や宅配便の運転手でなくても、それら研修を通して十分な能力を身につけて稼いでいけます。

⇒「研修充実で働きやすい職場環境」の詳細を見る

 

環境にやさしい事業

電気自動車やハイブリッド車は燃費もよく、排気ガスも少なくて騒音対策にもなるため、人口密集地や住宅街でも車両を走らせる必要がある場合には特に最適です。

⇒「最新車両でクリーン・環境に優しい 」の詳細を見る

 

 

人気のタクシー会社

 

グリーンキャブというタクシー会社は主に首都圏でタクシー事業を展開しており、東京、神奈川が主な営業所の所在地です。

 

日本の首都・東京都とそこに隣接する人口の多い神奈川県は、タクシーを利用する人も多いため、そこまで経験豊富でなくても接客スキルと土地勘などがあれば普通にタクシーの仕事をするだけでも十分な稼ぎになります。

 

グリーンキャブの場合は、研修制度がかなり充実しているため、前職がタクシー運転手や宅配便の運転手でなくても、それら研修を通して十分な能力を身につけて稼いでいけます。

 

首都圏は道も入り組んでいて、一方通行の場所も多いですが、お客さんから支払ってもらえる金額も他の地域、地方に比べると高めなため、がっつりと稼げます。

 

顧客が少なくても、客単価が高いため、経験がなくてもグリーンキャブで働いていけばそれだけで十分稼ぎにでき、最初の1年間仕事を続けられれば、その後も安定して仕事ができるはずです。

 

グリーンキャブは都内でサービス品質の高いタクシー業務を提供することを意識していて、正社員になれば福利厚生は充実し、ボーナスは年間3回もらえる求人条件もあります。
勤務形態は通常の隔日勤務で月に11回から12回なため、そこまで大変なこともなくがっつりと稼げるでしょう。

 

ハイブリッド車があって環境に優しい

環境にやさしいハイブリッド車

タクシー会社では、一日中、十数台の車両を常に走らせて稼ぐことになるため、環境にやさしい事業スタイルにしていかないと二酸化炭素の排出量が企業として多くなってしまって、社会的にもよろしくはない状態になります。
環境系のISOを取得する場合には車両の排気ガス規制を守って、低公害車やハイブリッド車を選ばないといけません。

 

電気自動車やハイブリッド車は燃費もよく、排気ガスも少なくて騒音対策にもなるため、人口密集地や住宅街でも車両を走らせる必要がある場合には特に最適です。

 

電気自動車やハイブリッド車はガソリンで走る車両に比べると排気ガスは大幅に少なく、音も少ないため、地域の人々の迷惑にならずにタクシー業務を遂行できます。
車両内の設備やメーター表示などもかなりシンプルになるので、走りながら燃費を意識して少しでも排気ガスを減らせるように工夫して走ることもできます。

 

さらに、カーナビ、GPSを導入して土地勘が完璧でなくてもタクシー業務を遂行できるようになっています。

 

事前にお客さんが走行ルートをチェックできるのも魅力的で、最新機器ではだいたいのタクシー料金も算出してくれてお客さんにとっても運転手にとっても便利になっています。

 

電子決済も当たり前になっているため、Suicaやクレジットカードでの支払いも可能で、おつりのやりとりにかかる時間のロスも減らせて、双方にとって効率的です。

 

 

タクシードライバーによくある隔日勤務

タクシードライバーの仕事では

タクシードライバーの仕事では最も一般的と言われているのが隔日勤務と言われるものです。

 

ガッツリ稼げます

基本的に上司に監視されながら仕事をすることはなく、お客さんとの接し方にさえ問題がなければ車の運転だけで座ったままで稼げます。

 

毎月の収入35万円保証という魅力的なシステム

グリーンキャブでは働きはじめの1年間、毎月の収入35万円保証という魅力的なシステムもあります。

 

安心の収入保障

タクシードライバーの仕事では最も一般的と言われているのが隔日勤務と言われるものです。

 

1日18時間ほど働いて、そのまま2日分休むというのを繰り返す働き方です。
朝または昼から働きはじめて、次の日の朝方まで勤務してそのまま1日休み、3日目は完全休みで次の日再び働くようになります。

 

この働き方をすると勤務中の1日だけで5万円ほどの売上になり、基本的に車の運転をするのが仕事なため、休息をとっている時間以外はガッツリ稼ぎ続けられます。

 

最初は18時間労働が難しく、体力的にも厳しいものですが、基本的に上司に監視されながら仕事をすることはなく、お客さんとの接し方にさえ問題がなければ車の運転だけで座ったままで稼げます。
車の中でエアコンを付けられれば、夏の暑さ、冬の寒さはしのげますので、女性でもそこまで過剰労働にはならないでしょう。

 

タクシードライバーの働き方には、他に日勤という1日8時間だけ、朝から夕方まで働くスタイルのものも、夜勤という夜だけ働くスタイルのものもありますので、どちらを選んでも売上はそこまで影響は出ません。

 

日勤は月収が固定されることも、歩合制で稼ぎ出せる可能性もありますが、それは求人によって異なるので、その時出ている求人情報をよく確認しましょう。

 

月収保証35万円があるから安心

月収保証があるから安心

グリーンキャブでは働きはじめの1年間、毎月の収入35万円保証という魅力的なシステムもあります。

 

最初の一年間はなかなか仕事になじめずに売上をガンガンせめて取りにいけず、仕事に失敗することもあるかもしれませんが、月収保証35万円があれば最低ラインの生活を維持することはできて、会社にとっても収入固定になってくれれば2種免許取得費用負担分や、その他の教育費用による赤字を取り戻せるでしょう。

 

この1年間月収保証はかなり魅力的なもので、会社、タクシードライバー双方にとってメリットのある仕組みです。

 

歩合制で考えると、歩合制ならば50万円もらえるはずの仕事をしていても35万円まで抑えられてしまってもったいなく感じるかもしれませんが、毎月がっぽり稼げるわけではないので、稼げるときと稼げない時を把握するためにも月収保証35万円の仕組みがあると1年間のお金の扱いや貯金、生活費のかけ方なども工夫できるようになるでしょう。

 

また、転職してからいきなり歩合制だと毎月最低月収+数万円しか稼げずに20万円から30万円しか稼げない可能性が出てきてしまいますが、35万円の月収保証があれば、オペレーター経由で配車依頼などを新人にどんどん回せば仕事は回るようになっていって、稼ぎにもつながります。

 

こうした収入補償がある会社は確実に稼げて、仕事のモチベーションも維持しやすいでしょう。

 

月の売上100万円を目指せるかも!?

月の売上も大きい

先輩社員の中には1ヶ月の売上を100万円にしたいと言って頑張っている方もいます。

 

目指せるということは、もう少し頑張れば届くかもしれない状況があるということで、単純計算すると隔日勤務で月に11回から12回あるため、1回の勤務あたり10万円近く稼ぎ出すつもりで働ければ実現できます。

 

グリーンキャブでは1回の勤務で4万円から5万円は稼げるようですので、がっつり仕事があればもしかしたら月の売上100万円も不可能ではないかもしれません。

 

ただし、1回の乗務で走って良い時間と距離数が定まっているため、無限に稼ぎ出せるわけではありません。その点を考えると月100万円の売上はいろいろ工夫しないと実現はできないのが実情でしょう。

 

それでも働きはじめの最初の1年間は年収保証35万円があり、その後も歩合制で月の売上が平均して50万円ほど確保できるようですから、実際の給料は35万円から45万円ほどになると思っているのが良いかもしれません。

 

先輩社員の口コミもグリーンキャブの求人ページに掲載されていますので、応募する前に是非チェックしてみてください。

 

働きやすくて、稼ぎやすいという魅力的な環境は整っているようですので、初心者でもきっと結果は出ていくはずです。

 

前職に関係なく活躍できる

前職は関係なし

現場にいる先輩社員の多くが前職タクシードライバーでなかった人で、荷物や宅急便の運転手や専属運転手の経験がない人でもグリーンキャブの研修があれば、しっかり一人前のタクシードライバーになれるはずです。

 

もちろん、そう簡単にマスターできるものではないですが、年収保証35万円のある1年間にしっかり先輩の技術やアドバイスを参考に仕事に取り組んでいけば、いずれは新人の教育係の仕事もできるようになるでしょう。

 

前職が工場でのエンジニアだった人や、事務系の仕事だった人、営業職だった人でも最低限接客と普通免許を取得してから3年以上経過していればタクシードライバーになれますので、転職先のひとつとして考えてみても良いでしょう。

 

過去の仕事と関係なくできるということで、40代、50代の中年の方からの人気が高いのもこれが理由です。

中年からの転職でも、むしろ社会経験や地元の土地勘があったほうが働きやすいタクシードライバーならば、きちんと成功していけるはずです。

 

グリーンキャブの求人では福利厚生も充実して、各種保険の適用、2種免許取得費用の会社負担、ボーナス年3回など魅力的すぎるほどの条件もありますので、仕事を探している方は一度検討して、会社説明会などにも足を運んでみてください。

 

グリーンキャブでは働きはじめの1年間、毎月の収入35万円保証という魅力的なシステムもあります。

要点を紹介するキャラクター

 

グリーンキャブの魅力と求人情報まとめ

ここではグリーンキャブという会社の業務内容、サービス内容、求人情報の一部をまとめています。

 

ここで記載している情報は時間とともに変化する可能性がありますので、働きやすい職場でがっつりタクシードライバーとして稼ぎたい方は、まずはチェックしておくと良いでしょう。

 

 

タクシー業務

グリーンキャブの主な業務内容はタクシー運転手、タクシードライバーの仕事です。一般に知られているタクシーで、駅で待っていてくれたり、連絡すればどこにでも来てくれたりするタクシーの運転手になるというのがメインの仕事です。

 

このタクシーの仕事は隔日勤務という1日働いて2日休むという働き方がメインで、月に11回から12回ほどの勤務をするのが一般的です。

働き方としては普通のサラリーマンと同じ時間帯に働く日勤、夜だけ働く夜勤という勤務形態もありますので生活スタイルや求人によっては日勤だけ、夜勤だけしか応募できない可能性もあります。

 
 

ハイヤー業務

ハイヤーというのはタクシーよりも高級感のあるサービス品質が高い専属運転手業務のことを指します。ホテルから別の場所への移動、VIPを乗せる時に利用するのがハイヤーで、タクシーよりも稼ぎは良くなります。
ハイヤーは接客スキルが高くないとできないため、研修でもそれ専用のスキルを高めていき、最も似ているのがホテルマンの接客レベルでしょう。

 

国会議員や省庁官僚、銀行頭取や企業の社長など特別な人が移動する時により安全かつハイクラスな車両で送迎する目的でハイヤーが選ばれる場合が多いです。
これもタクシー運転手と同じく、普通車両を2種免許を取得して運転するので、接客が得意な方はこちらのほうが仕事をしやすい可能性もあります。

 
 

研修が多くて実力が身につく

グリーンキャブは初心者でも、未経験者でも研修がたくさん用意されていますので、じっくりと学んで現場に出ることができます。研修はだいたい1ヶ月ほどかかるようですが、最初の1年間は年収保証35万円が確保されるということもあり、始めてから1年間はまだまだ半人前だと思って自分磨きを続けていったほうが良いでしょう。

 

もちろん、1年経ったからといって自惚れてよいということはないですが、土地勘を持って、お客さんに走行ルートをアドバイスしたり、おすすめのカフェや観光スポットなどを紹介できるようになったりすれば、既に一人前のタクシードライバーとしてやっていけていると判断しても良いでしょう。

⇒「研修充実で働きやすい職場環境」を見る

 
 

2種免許取得費用会社負担

グリーンキャブではタクシードライバーとして働くのに必須の2種免許の取得費用を会社が負担してくれます。合宿免許などで取得すると個人で支払うと20万円から30万円ほどはかかるものですが、これを会社が負担してくれれば負担は少し軽減されます。

 

それでも会社負担で免許を取得する場合は色々と制約もできてしまいますので、縛られたくないならば自分で自己投資して免許を取得したほうが良いでしょう。
会社がきちんと出してくれる所は、それだけでかなりしっかりしているタクシー会社です。

⇒「2種免許取得費用は会社負担&賞与年3回あり」を見る

 

クチコミ情報

需要が高いので稼ぎやすい地域

東京や神奈川はタクシー利用者が多い以前に、人口が多いため、平日も休日も利用客が安定して多いです。
地方では隔日勤務をしていて、イベントとかぶったときだけ乗客が増えて、そうでないときは極端に乗客が減ってしまうようなことがありますが、日本の首都、神奈川県では人口も多いのでタクシー需要も十分あります。

 

そのため、最低限のスキル、知識があれば一人前の力がなくても車両搭載のGPSやカーナビ後からも借りて乗客を目的地まで運べます。グリーンキャブではきちんと研修も行われるので、初めてタクシードライバーになるという人でも結果が出しやすく、稼ぎやすいでしょう。

 

未経験からでもプロを目指せる

未経験で、前職がプログラマーでも、車の運転さえできれば2種免許を取得してタクシードライバーになれます。
プログラムの知識があると、会社のシステムやパソコンの操作などでも知識を共有できて、社内の仲間同士でそれぞれ持ち合わせたスキルを出し合って仕事をしている感覚で、社内の雰囲気はとても良いです。

 

仕事もしやすく、未経験からでも充実している研修があり、不安なことがあってもきちんと学んでから現場に出られます。
タクシードライバーの仕事はきついという話も噂で耳にすることはありますが、日勤で働けば何も辛いことはなく、むしろ車の運転を毎日できるので、ストレスが少なく、のんびり仕事ができるイメージです。

 

TOP


PAGE TOP