2種免許取得費用は会社負担&賞与年3回ありグリーンキャブ

2種免許とタクシードライバー

資格取得支援制度あり

タクシードライバーとしてデビューされる方の中には未経験者の方が多くいらっしゃいます。タクシー業界は万年人手不足の状態が続いていて、未経験者の方でも積極的に歓迎している事業者は少なくありません。そのため年齢や性別に関係なくどなたでもタクシードライバーとして積極的にデビューすることが可能です。

 

とはいえタクシードライバーとしてデビューするためには絶対に必要なことがあります。それは二種免許です。二種免許とは第二種免許のことです。道路交通法の第86条では、「旅客を運送する目的で運転する者は、第二種免許を受けなければいけない」特定されています。家族や友人などを連れて運転する場合は第一種免許で十分ですが、お客を乗せて料金をもらう場合には二種免許も必要となります。二種免許を受けるためには年齢が21歳以上であること、そして第一種免許を取得してから3年以上経過していることが条件となります。

 

二種免許を取得していなくてもグリーンキャブに応募できる

二種免許を取得する場合は、22万円から25万円ほど費用がかかります。そのため自分自身で免許を取得してからタクシードライバーとしてデビューするのは敷居が高くなります。

 

しかし多くの事業者は二種免許の取得費用を負担してくれます。グリーンキャブも二種免許取得費用を会社が負担してくれます。そのため初期費用をかけることなくタクシードライバーとしてデビューすることができます。

 

グリーンキャブは賞与が年3回もある

グリーンキャブでタクシードライバーとして働く場合、通常の給料に加えてボーナスも受け取ることができます。しかもそのボーナスの回数が3回もあります。4月と8月と12月の4ヶ月に一回のペースです。夏のボーナスと冬のボーナスはどの企業においても一般的ですが、年3回のボーナスはあまり見ない形態です。そのためお得感が高いです。未経験者の場合は、配属されてから1年間は月額35万円の最低給与保証もされています。通常の給与においても、ボーナスにおいてもグリーンキャブは労働者にやさしいタクシー会社です。

 

またグリーンキャブは福利厚生も充実しています。社会保険は完備していて事故弁償金全額負担制度もあります。またマイカー車検割引があり、サークル活動も実施しています。生活応援資金制度や社員寮の管理もある他、新生活準備金応援制度も揃えています。未経験者のタクシードライバーは、グリーンキャブで安心した新生活が始められます。

TOP