グリーンキャブの環境活動・取り組み

グリーンキャブの環境への取り組み

事業のイメージ

グリーンキャブはタクシーやハイヤー、貸切バス、福祉車両など様々な公共交通サービスを提供している会社です。しかしグリーン県が取り組んでいるのは交通手段の快適さや便宜性だけではありません。

 

地球環境への取り組みも真剣に考えています。 旅客自動車運送業を通じた事業活動がどのように環境に影響を与えるのかを認識した上で、世界環境に貢献する循環型システムの実現に努めています。グリーンキャブの環境コンセプトは以下の通りです。

 

  1. 適切な車両整備と社内教育による環境意識の向上に努め、快適な移動環境を提供します。
  2. 資源とエネルギーの有効活用ならびに排出ガスと廃棄物の削減をすべてのプロセスにおいて行い環境負荷の低減と汚染の予防に努めます。
  3. 環境方針に沿った環境目的・目標を設定し、定期的な監査・見直しによるマネジメントレビューを実施することにより循環型システムの継続的改善を目指します。
  4. 環境関連法規制および当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  5. 全従業員に環境保全の重要性を認識させるため環境理念、方針を周知徹底するとともに社外への開示も行います。

 

グリーンキャブは「グリーン経営」認証取得済み

グリーンキャブは上記の環境理念や活動方針に則って、2009年11月に「グリーン経営」の認証を取得しています。「グリーン経営」は交通エコロジー・モビリティ財団が主催している制度で、環境保全を目的にした取り組みをしている運輸事業者に認められるものです。このグリーン経営を行なう場合は低金利融資制度や認証料金助成制度などを受けることができます。

 

またグリーン経営を行なう場合、取得2年後に1.5%〜3.8%燃費が向上するというデータもありますまたCO2の排出原単位が低減し、それに伴って飼え機事故や車両故障、設備機器などの故障も減少すると言われています。つまりグリーンキャブの取り組みは最終的に会社にとってもメリットがあります。

 

車両も環境に良い

グリーンキャブは環境に優しい車両の導入を進めています。例えば平成25年1月からはトヨタプリウスアルファを導入して、ハイブリッド車両の運行を開始しています。また平成23年2月からEVタクシーとして日産リーフを採用しています。

 

そのため二酸化炭素排出ゼロでの運行が可能になっています。このようにグリーンキャブは環境保全に力を入れている良心的な会社です。

 

TOP